ロゴ

IT.net

大阪の貸店舗でタブレットposを導入

注目されているタブレット

タブレット端末は今やパソコンに代わって、仕事ができる便利なツールとして企業から人気を獲得しています。そのため、タブレットを活用してビジネスを始める企業もあるほどです。そして、その一つとしてタブレットposが挙げられます。

タブレットposに関する口コミ

大量に導入できる

タブレットは一台数万円と従来のレジと比べて安いため、一店舗にタブレットを五台導入することを決めました。五台もあることもあり、会計で行列を作ってお客様に不快な思いをさせることもなく、顧客満足度がアップしました!(飲食店経営者 45歳)

初心者でも簡単に覚えられる

タブレットposレジはタッチパネルを操作するだけで、会計ができるのでレジ初心者でも簡単に覚えられます!以前はレジのシステムを覚えてもらうために、時間と人件費をかけていましたが、今はその必要もなく満足です!(飲食店スタッフ 33歳)

レジ周りがスッキリ

以前はボックス型のレジを利用していたのですが、故障を機にタブレットposに乗り換えました!タブレットposに乗り換えるだけで、レジ周りがスッキリして、お客様とのコミュニケーションが取りやすくなりました!!(美容師 32歳)

プロモーションツールとして使える

商品の情報を登録しておけば、プロモーションツールとして活用することができます!営業において商品を説明することが難しいと思っていた私もタブレットを上手く活用することで業績アップしました!(営業マン 43歳)

いつでも情報を確認できる

タブレットposではリアルタイムで売上情報を確認することができるのです!そのため、出張で店舗を離れていても時間帯での売上も細かくチェックすることができます。今では、情報を確認できるため安心して出張に行くことができています。(飲食店 29歳)

[PR]

タブレットタイプのposレジを大公開!
お店の業務効率がグッと上がる♪

タブレットposを導入しよう

店員

タブレットposとは

タブレットposという言葉を聞いたことはありませんか?タブレットposはタブレットの特徴を活かして、クラウドシステムを連動、レジアプリをインストールすることで従来のレジよりも便利かつ革新的なレジシステムになります。

従来のposとの違い

従来のposレジとタブレットposの性能はそこまで大きく変わりません。では何故、タブレットposに注目が集まっているのか?それは導入費用が安価だからでしょう。従来のposレジは導入費用に100万円以上かかることに対して、タブレットposレジは、端末代金が数万円と導入するまでに数千円程度で済むため非常に安価で導入することができるのです。ですから、大阪などでこれから貸店舗を借りて開業する際にもうってつけといえます。

操作がしやすいタブレット

また、従来のposレジとタブレットposではその形状がかなり違います。従来のposレジは大きく重いボックス型のレジになります。一方、タブレットposレジはタブレットなため、持ち運びに便利で操作がしやすいです。そして、持ち運びが便利なだけでなく、タッチパネル式ですから直感的に操作することも可能です。

必要な周辺機器

タブレットposレジを大阪の貸店舗で導入するのなら、いくつか周辺機器が必要であることを覚えておきましょう。飲食店を開業するなら、少なくともレシート用プリンター、クレジットカード用のスキャナー、バーコードリーダーなどが必要です。

広告募集中